Ubuntu 20.04LTSにVarnishをインストールする方法

このチュートリアルでは、Ubuntu 20.04LTSにVarnishをインストールする方法を説明します。 知らなかった人のために、Varnish Cacheは、あなたのプロキシとして使用できるWebアプリケーションアクセラレータです。 Apache Webサーバー。 オープンソースソフトウェアはWebサーバーの前に配置され、Webトラフィックを非常に高速に処理します。 複数のサーバーを実行している場合は、VarnishCacheをロードバランサーとして使用することもできます。 それはあなたのウェブサイトを本当に速くし、あなたのウェブサイトのパフォーマンスを最大300 – 1000倍(80%以上を意味します)加速します。

この記事は、少なくともLinuxの基本的な知識があり、シェルの使用方法を知っていること、そして最も重要なこととして、自分のVPSでサイトをホストしていることを前提としています。 インストールは非常に簡単で、rootアカウントで実行していることを前提としています。そうでない場合は、 ‘を追加する必要があります。sudo‘root権限を取得するコマンドに。 Ubuntu 20.04(Focal Fossa)にVarnishHTTPアクセラレーターを段階的にインストールする方法を紹介します。 Ubuntu 18.04、16.04、およびLinuxMintなどの他のDebianベースのディストリビューションでも同じ手順に従うことができます。

Ubuntu 20.04 LTS FocalFossaにVarnishをインストールします

手順1.まず、次のコマンドを実行して、すべてのシステムパッケージが最新であることを確認します。 apt ターミナルのコマンド。

sudo apt update
sudo apt upgrade

ステップ2.インストール Apache Webサーバー。

インストール Apache 以下のコマンドを使用するWebサーバー:

sudo apt install apache2

一度インストールすると Apache Webサーバーが完了したら、Webサーバーを起動し、以下のコマンドを使用してそのステータスを確認します。

sudo systemctl start apache2
sudo systemctl status apache2

次に、構成します Apache ポート8080をリッスンするには、次のように構成ファイルを開きます。

sudo nano /etc/apache2/ports.conf

そして、リッスンラインを探して、別のポートを設定します。 この場合、私は選択します 8080

Listen 8080

次に、デフォルトを編集します Apache ポートをリッスンする仮想ホスト 8080 に:

sudo nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

VirtualHost行を次の行に置き換えます。

<VirtualHost *:8080>

Save 構成ファイルを終了します。 変更を有効にするには、 Apache ウェブサーバー:

sudo apachectl configtest
sudo systemctl restart apache2

サーバーがファイアウォールの背後で実行されている場合は、必ず Apache ポート:

sudo ufw allow http
sudo ufw allow https

ステップ3.Ubuntu20.04にVarnishをインストールします。

ワニスは、標準のUbuntuリポジトリにインストールできるはずです。 次のコマンドを実行してインストールします。

sudo apt install varnish

次に、サービスを開始し、システムの起動時に実行できるようにします。

sudo systemctl start varnish
sudo systemctl enable varnish

ステップ4.VarnishCacheを構成します。

これを行うには、Varnish構成ファイルを編集します。/etc/default/varnish‘:

cd /etc/varnish/
sudo cp default.vcl default.vcl.bak
sudo nano default.vcl

また、バックエンドのデフォルトセクション内で、次の構成になっていることを確認してください。

backend default {
.host = "127.0.0.1";
.port = "8080";
}

また、別の構成ファイルに変更を加える必要もあります。

cd /etc/default/
sudo nano varnish

のコメントなしセクション DAEMON_OPTS リスニングポートを変更し、次のように残します。

DAEMON_OPTS="-a :80 
-T localhost:6082 
-f /etc/varnish/default.vcl 
-S /etc/varnish/secret 
-s malloc,256m"

最後にもう1つ変更を加えます。これは、リスニングポートを変更する必要があるVarnishサービスを管理するファイルにあります。

sudo nano /lib/systemd/system/varnish.service

次に、ExecStart行を見つけて、次の行に置き換えます。

ExecStart=/usr/sbin/varnishd -j unix,user=vcache -F -a :80 -T localhost:6082 -f /etc/varnish/default.vcl -S /etc/varnish/secret -s malloc,256m

再起動します Apache 変更を有効にするためのワニスサービス:

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl restart varnish
sudo systemctl restart apache2

ステップ5.ワニスをテストします。

テストは、を介してHTTPリクエストを行うことで構成されます curl そして、それがワニスによって処理されていることを確認します。

curl -I 192.168.77.21

出力:

HTTP/1.1 200 OK
Date: Tue, 06 Apr 2021 08:16:21 GMT
Server: Apache/2.4.41 (Ubuntu)
Last-Modified: Tue, 05 Apr 2021 20:12:22 GMT
Vary: Accept-Encoding
Content-Type: text/html
X-Varnish: 2
Age: 0
Via: 1.1 varnish (Varnish/6.2)
ETag: W/"2aa6-5meil4naa0e-gzip"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 10918
Connection: keep-alive

おめでとう! これで、Varnishが正常にインストールされました。 このチュートリアルを使用して、Ubuntu 20.04 LTS FocalFossaシステムにVarnishキャッシュをインストールしていただきありがとうございます。 追加のヘルプまたは有用な情報については、チェックすることをお勧めします ワニスの公式ウェブサイト