CentOS8にTeamSpeakをインストールする方法

このチュートリアルでは、CentOS 8にTeamSpeakをインストールする方法を紹介します。知らない人のために、TeamSpeakは、インターネットを介したリアルタイムのボイスチャット用のクロスプラットフォームの音声サーバーまたはVOIPアプリケーションです。 これは主にゲーマーが、非常にクリアなサウンド、ラグのないパフォーマンス、軍用グレードのセキュリティ、比類のない信頼性、および稼働時間でチームメイトと通信するために使用されます。 TeamSpeakは、Windows、macOS、およびLinuxシステムで使用できます。

この記事は、少なくともLinuxの基本的な知識があり、シェルの使用方法を知っていること、そして最も重要なこととして、自分のVPSでサイトをホストしていることを前提としています。 インストールは非常に簡単で、rootアカウントで実行していることを前提としています。そうでない場合は、 ‘を追加する必要があります。sudo‘root権限を取得するコマンドに。 CentOS8へのTeamSpeakのインストールを段階的に説明します。

CentOS8にTeamSpeakをインストールします

ステップ1.まず、システムが最新であることを確認することから始めましょう。

sudo dnf update
sudo dnf install epel-release
sudo dnf install nano wget perl tar net-tools bzip2

ステップ2.CentOSシステムでSELinuxを無効にします。

次に、サーバーで「SELinux」を非アクティブ化し、次のコマンドを使用してセキュリティソフトウェアをインストールします。

nano /etc/selinux/config

次の変更を行います。

SELINUX=disabled

ステップ3.CentOS8にTeamSpeakをインストールします。

インストールする前に、サーバー上に新しいユーザーを作成する必要があります。このユーザーは、TeamSpeakのインストールと実行に使用されます。 セキュリティ上の理由から、このユーザーは sudo

useradd meilana
passwd maria

次に、次のコマンドを使用して、公式サイトからTeamSpeakの最新バージョンをダウンロードします。

wget https://dl.4players.de/ts/releases/3.13.2/teamspeak3-server_linux_amd64-3.13.2.tar.bz2

以下のコマンドを使用して、ダウンロードしたファイルを抽出します。

tar xvf teamspeak3-server_linux_amd64-3.13.2.tar.bz2
mv teamspeak3-server_linux_amd64/* /opt/teamspeak/

次に、「。ts3server_license_accepted」というファイルを作成します。 /opt/ teamspeak 使用許諾契約に同意するためのディレクトリ:

touch /opt/teamspeak/.ts3server_license_accepted

その後、許可ディレクトリを設定します /opt/teamspeak 次のコマンドを使用します。

chown -R teamspeak: /opt/teamspeak

ステップ4.TeamSpeakのSystemdファイルを作成します。

それでは、サービスのファイルを作成することから始めましょう。

nano /lib/systemd/system/teamspeak.service

次の行を追加します。

[Unit]
Description=Team Speak 3 Server
After=network.target
[Service]
WorkingDirectory=/opt/teamspeak/
User=teamspeak
Group=teamspeak
Type=forking
ExecStart=/opt/teamspeak/ts3server_startscript.sh start inifile=ts3server.ini
ExecStop=/opt/teamspeak/ts3server_startscript.sh stop
PIDFile=/opt/teamspeak/ts3server.pid
RestartSec=15
Restart=always
[Install]
WantedBy=multi-user.target

最後に、TeamSpeakサーバーを起動し、サーバーを再起動するたびに自動的に起動することを確認します。

sudo systemctl --system daemon-reload
sudo systemctl start teamspeak
sudo systemctl enable teamspeak

手順5.ファイアウォールを構成します。

これでサーバーのインストールが完了し、ファイアウォールのポートを開くことができます。

sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=9987/udp --permanent
sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=10011/tcp --permanent
sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=30033/tcp --permanent
sudo firewall-cmd --reload

完了したら、TeamSpeakクライアントに接続します。 最初にログオンする人は、特権キーを提供するように求められます。インストール中に取得したものを入力してください。

おめでとう! TeamSpeakが正常にインストールされました。 CentOS8システムにTeamSpeakをインストールするためにこのチュートリアルを使用していただきありがとうございます。 追加のヘルプまたは有用な情報については、確認することをお勧めします TeamSpeakの公式ウェブサイト