でBrotli圧縮を有効にする方法 Apache

このチュートリアルでは、brotli圧縮を有効にする方法を示します。 ご存じない方のために説明すると、BrotliはGoogleが立ち上げた新しい圧縮形式であり、以前のgzipまたはmod_deflate互換の実装よりも20%〜28%節約でき、同様の速度が得られます。 Brotliには、同じ量のCPU作業に対して、より小さな圧縮ファイルが作成されるという利点があります。 これにより、圧縮を使用してサイトコンテンツを提供する利点が拡大します。 Brotli圧縮は、次のようなすべての主要なブラウザでサポートされています。 Chrome、 Firefox、Safari、および Microsoft Edge。

この記事は、少なくともLinuxの基本的な知識があり、シェルの使用方法を知っていること、そして最も重要なこととして、自分のVPSでサイトをホストしていることを前提としています。 インストールは非常に簡単で、rootアカウントで実行していることを前提としています。そうでない場合は、 ‘を追加する必要があります。sudo‘root権限を取得するコマンドに。 Brotli圧縮を有効にするステップバイステップを紹介します Apache Webサーバー。 Ubuntu 18.04、16.04、およびLinuxMintなどの他のDebianベースのディストリビューションでも同じ手順に従うことができます。

Brotli圧縮を有効にする Apache

手順1.まず、次のコマンドを実行して、すべてのシステムパッケージが最新であることを確認します。 apt ターミナルのコマンド。

sudo aptアップデート
sudo aptアップグレード

ステップ2.UbuntuにBrotliをインストールします。

次に、以下のコマンドを実行して、システムにBrotliをインストールします。

sudo apt install brotli

ステップ3.Brotli圧縮を有効にする Apache。

次のステップでは、brotliモジュールを有効にします Apache 次のコマンドを使用します。

sudo a2enmod brotli

その後、 Apache 仮想ホスト構成ファイルに次のコードを追加して、仮想ホストを作成します。

<IfModule mod_brotli.c>> AddOutputFilterByType BROTLI_COMPRESS 文章/html 文章/プレーン 文章/xml 文章/css 文章/javascript 応用/javascript</ IfModule>>

VirtualHostファイルの例:

<VirtualHost *:80>> ServerAdmin admin@your-domain.com サーバーネーム あなたのドメイン DocumentRoot /どこ/www/ <IfModule mod_brotli.c>> AddOutputFilterByType BROTLI_COMPRESS 文章/html 文章/プレーン 文章/xml 文章/css 文章/javascript 応用/javascript </ IfModule>> エラーログ ${{APACHE_LOG_DIR}/エラーログ CustomLog ${{APACHE_LOG_DIR}/アクセスログ 結合</ VirtualHost>>

Save ファイルを再起動し、 Apache 変更を適用するサービス:

sudo systemctl restart apache2

ステップ4.Brotliをテストします。

インストールとセットアップが正常に完了すると、サーバーヘッダーを次のように確認できます。 curl -I -H 'Accept-Encoding: br' https://your-domain.com

出力:

HTTP / 1.1 200 OK日付:2021年9月1日木曜日06:26:54 GMTサーバー: Apache/2.4.46(Ubuntu)アップグレード:h2、h2c接続:アップグレード最終更新日:金、10 Mei 2021 22:46:36 GMT ETag: “33-5ba9m3ilanacdf-br” Accept-Ranges:bytes Vary:Accept-Encoding Content -エンコーディング:brコンテンツの長さ:36コンテンツタイプ:text / html

おめでとう! これで、Brotliモジュールが正常にインストールされました。 このチュートリアルを使用して、Ubuntu 20.04 LTS(Focal Fossa)システムでBrotliを有効にしていただきありがとうございます。 追加のヘルプまたは有用な情報については、チェックすることをお勧めします 公式 Apache Webサイト